丸重製紙企業組合

SDSsの取組みについて

私たち丸重製紙企業組合は
SDGsに対する取り組みを行っております。

SDSsとは?

SDGs(エスディージーズ)とは、
持続可能な開発目標
(Sustainable Development Goals)の略称で
2015年9月の国連サミットで採択されました。
国連加盟193か国が2030年までに達成するために
掲げた17の目標が掲げられております。

世界を変えるための17の目標

丸重製紙企業組合では、
次の項目を目標に
掲げ取り組んで参ります。

項目図

①働き方改革

「残業ゼロ・年間休日120日以上」

丸重製紙の創業者である辻重一は、高度経済成長期においても「人間らしい働き方を守る!」との想いで、効率重視の24時間操業の規模拡大への道を選ばず、小ロット多品種製造が可能な操業体制を守りました。そのおかげもあって、現在では8時~17時までの「残業ゼロ」操業が可能となっております。また、年間休日も120日以上、有給休暇取得率も高くなっております。

「働き方改革」が叫ばれる昨今ですが、今後も「人間らしい働き方」を守りながら、産業としても発展していけるよう社員と共に力を合わせて技術革新に努めて参ります。

「カンガルー出勤(子連れ出勤)」

丸重製紙の小売り&卸事業の拠点である和紙専門店Washi-naryでは、カンガルー出勤(子連れ出勤)の取組みを行っております。トイレにもおむつ交換台を設置し、子育て世代の女性が働きやすい環境作りにつとめております。

②小売り&卸事業

和紙専門店「Washi-nary」

2019年7月に和紙専門店Washi-naryをオープン。世界へ向けて和紙を発信する事、メーカーや職人と消費者を最短距離でつなぐ事、委託販売ではなくロット買取制度、新たな客層にアプローチする事、卸業も兼ねる事、などにより、和紙産業を持続可能にするための新たな産業構造と情報発信の場とする。 https://washinary.jp/

③観光事業

和紙専門店工場見学

定期的に自社工場の工場見学を実施したり、積極的に工場見学の受け入れをおこなっている。機械抄き和紙のできる工程を見学してもらう事で、和紙やものづくりに興味を持っていただくよう努めている。

「美濃和紙ツアー」

旅行会社との共同企画による美濃和紙ツアーを実施。自社工場の見学だけでなく、手すき和紙職人の工房や原料畑なども見学。ワインでいう「ワイナリーツアー」があるように、通称「ワシナリーツアー」という概念で実施。

④原料事業

「FSC/CoC認証」

丸重製紙では、持続的な森林環境の整備に貢献するため、2018年にFSC/CoC認証を取得。使う原料から、森の豊かさを守る事を考えます。

「原料栽培・開発・研究」

丸重製紙では、持続的な原料生産を目指し美濃市内の楮生産者組合に加盟。同時に、自社においても原料栽培事業を展開予定。

⑤教育事業「講演・研修」

2018年11月には、SDGsカードゲーム「2030SDGs」の公認ファシリテーターの資格を取得。企業・各種団体・中学校・高校などでSDGsの研修や講演を実施する事で、SDGsの普及や自社の取組みの公表に取り組んでいる。

⑥地域電力会社
「みの市民エネルギー株式会社」

2017年9月に美濃市の株式会社タカイコーポレーション、有限会社小川電気商会、ワタミファーム&エネジー株式会社との共同出資により、地域電力会社「みの市民エネルギー株式会社」https://minoene.co.jp/を設立。電気代の地域内循環・エネルギーの地産地消・クリーンエネルギーの推進を図ると同時に、自立した「住み続けられるまちづくり」に貢献します。

⑦まちづくり会社
「みのまちや株式会社」

2018年4月に、株式会社NOTEとの共同出資により、まちづくり会社「みのまちや株式会社」を設立。

美濃市に寄贈された旧松久才治郎邸をリノベーションし、2019年7月5日に古民家ホテル「NIPPONIA美濃商家町」https://stay.nipponia.or.jp/areas/mino/としてオープン。施設内に和紙専門店Washi-naryを併設。

ページ先頭へ

工場見学のお申込み